スバルのレガシー ツーリングワゴン

サイトマップ

ヘッダー画像

スバルのレガシー ツーリングワゴン


レガシィ ツーリングワゴン




ワゴンの定番モデルと言えば、このスバルのレガシィ ツーリングワゴン。

高剛性と4WDの併用で走行安定性に優れ、衝突回避を支援するアイサイトも選ぶことができます。

まず、このワゴンというカテゴリーについてですが、ミニバンの勢いに押されて車種数が減り、
選択がしにくくなったと言えるでしょう。欧州の自動車メーカーを見ると、このワゴンタイプの
車は非常に豊富と言えます。ところが日本では残念なことに、激減しています。

ワゴン車の一つの特徴が、広い荷室。しかし最近では、上述のようにミニバンが勢いを増し、荷室
だけを捉えても、当然ワゴン車のそれよりは広いスペースの確保が可能です。
また、最近のコンパクトカーを見ても、背の高いコンパクトカーが現れていますので、このような
タイプの車にワゴン車ユーザが流れている、と言っても良いのではないでしょうか。


このような背景から、2013年もそれ程大きな期待が出来無いのですが、唯一の明るいニュースが
マツダのアテンザの登場です。
アテンザワゴンが一新され、ワゴンを選ぶ価値を高めてくれたと言えるでしょう。

さて、レガシィのツーリングワゴンに話を戻します。

上記の通りレガシィは、走行安定性以外にも居住性も良好と言えます。
従来型に比べボディが拡大した分室内空間が確保され、リアシート含めて居住性がアップして
いますので、ファミリーユースにも適していると言えます。


エンジンは、2500cc。
ノーマルタイプとターボ付きがありますが、ノーマルエンジンでも十分な動力性能を発揮します。
無段変速ATのCVTも採用され加速感も滑らか。

また、2500ccの4WDということを考えると、JC08モード燃費14.4km/Lという数値には満足できます。

アイドリングストップも備わり、渋滞時の燃費も節約しやすいですね。

価格は、2500cc・2.5i EyeSightで、2,898,000円となっていますが、機能やアイサイトなどの
装備を考えると、割安と言えるでしょう。